お尻 しみ

お尻のしみ解消ガイド!黒ずみをなくす方法

お尻のしみの原因について

肌にしみが出来るのは主に紫外線が原因です。

しかし、お尻にしみが出来るといった症状は紫外線だけが原因ではありません。
真夏にお尻を出して日焼けするなどとといった行為をしなければ、お尻には紫外線があたらないので紫外線によるしみの可能性は少ないと言えます。

お尻にしみが出来る主な原因は摩擦や刺激が原因です。
一日同じような体勢で座っている、デスクワークなどで動く事が少ない、締め付けが強い下着を使用しているなど、どれも圧迫によって血行不良が起き、同じ場所に摩擦や負荷がかかっています。

しみの原因は様々ですが色素沈着も原因です。
やせ形の人や、お尻にある程度脂肪がついていない人はお尻にクッション性が無い為、座っている時など、骨が直接あたります。

座っている時はお尻に上半身の重さがかかり、その重さが負担になり摩擦を起こします。
自転車に乗る時も同じ事が言えます。

他には皮膚の乾燥も原因です。
水分不足になり肌が乾燥してくるとバリア機能が低下しカサツキや炎症が起こります。

それらが刺激となり、しみの原因になります。乾燥は衛生状態も関係し、下着が蒸れている不衛生な状態が長く続くと肌が良い状態を保てなくなりターンオーバーがうまくいきません。

その為、新しい皮膚に変われず古い角質が溜まっていきます。
ほうっておくと乾燥がひどくなり、ますます刺激などで色素沈着するようになります。一度できた物はなかなか改善できません。原因を取り除く事が一番の改善策です。

また、おしりにきびについてはおしりのにきび※トラブルを解決!素敵な「美尻」を作る処方箋が良い情報を載せています。